カテゴリ別 'お知らせ・ご案内'

http://a.okajcp.com/
いつもこのblogご覧いただきありがとうございます。このたび、上記URLへ引っ越しました今後ともよろしくお願いいたします。
2013年6月1日 赤坂てる子(元県議)

Read Full Post ≫

インターネット募金ができます
Yahoo!経由で日本共産党中央委員会あての個人献金ができるようになりました。>> インターネット募金ができます

◇募金できる金額は、1回あたり500円から50,000円までです。
募金は、個人寄付に限ります。企業・団体からの寄付は受けられません。また、外国籍の方からの寄付は法律上受けられません。
ネット募金はヤフー(Yahoo)の献金フォームを使います。事前にヤフーの会員になってヤフーIDを取得することが必要です。
◇クレジットカード所持者ご本人からの寄付に限ります。利用できるカードは、VISA、Master、SAISON、JCB、CF、OMC、Cedyna、Yahoo!JAPANのカードです。
Yahoo! JAPAN ID登録 (日本共産党へのネット募金は、日本国籍の個人ご本人のクレジットカード決済に限ります)

Read Full Post ≫

26日、日本共産党は”60年続いた「自民党型政治」のゆがみを断ち切り、「国民が主人公」の新しい日本”として日本共産党の改革ビジョンを発表しました。冒頭部分を紹介します。
60年続いた「自民党型政治」のゆがみを断ち切り、「国民が主人公」の新しい日本を――「提案し、行動する。日本共産党」の躍進を訴えます――(総選挙政策 日本共産党の改革ビジョン) 2012年11月26日  日本共産党
総選挙にあたって、国民のみなさんに訴えます
「民主党にはだまされた。でも自民党には戻りたくない。どうしたらいいのか」……多くの国民のみなさんの思いではないでしょうか。
いまや民主党は自民党とウリ二つの政党となりました。たくさん新党が登場し、政策そっちのけで選挙目当ての離合集散と「政党の渡り歩き」が行われ、戸惑っている方もおられることでしょう。
 今度の総選挙で、何が問われるのでしょうか。政党を選ぶ基準はどこにあるのでしょうか。日本共産党は、日本の進路を選択する大切な総選挙にあたって、真の対決軸がどこにあるのかを、国民のみなさんに訴えます。

民主党政権は、どうして無残な失敗をとげたのでしょうか
60年続いた「自民党型政治」そのものが、行き詰まり、耐用年数がつきています
「自民党型政治」か、日本共産党か――ここにこそ真の対決軸があります
「提案し、行動する。」――日本共産党の躍進で「国民が主人公」の新しい日本を

…(略)… >> 記事掲載WEBサイトの頁へ

Read Full Post ≫

東日本大震災の現地情報を知らせる日本共産党関係のサイトを順次ご紹介します。赤坂県議も、救援募金を訴えるなど、現地と心を一つに、がんばっています。
えみちゃんブログ
日本共産党福島県議会議員・宮川えみこ
長谷部あつし
元 日本共産党福島県議会議員(いわき市)

Read Full Post ≫

東日本大震災の現地情報を知らせる日本共産党関係のサイトを順次ご紹介します。赤坂県議も、救援募金を訴えるなど、現地と心を一つに、がんばっています。
 斉藤信ホームページ
日本共産党 岩手県議
髙橋和夫ブログ
啄木のふるさと玉山区出身 盛岡市議会議員です。

Read Full Post ≫

東日本大震災の現地情報を知らせる日本共産党サイトを順次ご紹介します。今回は、東北地方太平洋側3県の県委員会サイトです。赤坂県議も、救援募金を訴えるなど、現地と心を一つに、がんばっています。
日本共産党宮城県委員会のブログ
東日本大震災に関わる情報、宮城県内の救援・復興をめざす活動を紹介しています。
日本共産党岩手県委員会 救援情報
みんなで力を合わせて救援・復興を
日本共産党福島県委員会
県民のみなさんとともに、だれもが人間らしく生きられる政治を!

Read Full Post ≫

22日付「しんぶん赤旗」がインターネット上の話題を伝えています。「完璧に問題点予見」 原発の危険追及した吉井質問 ネットで反響
「完璧に問題点予見し指摘している」「非常に論理的でぐうの音もでない」「こうなると人的災害か」――。日本共産党の吉井英勝衆院議員がかつて行った、今回の福島第1原発事故と同様の事態を予測しつつ対策を迫った国会質問に、インターネット上でこんな反響が相次いでいます。 >> 記事
参考:

第 165 回国会 衆議院 内閣委員会 平成 18 年 10 月 27 日(金曜日) 吉井委員の質疑 PDF264KB
第 164 回国会 衆議院 予算委員会第七分科会 平成十八年三月一日(水曜日) 吉井委員の質疑 PDF264KB

Read Full Post ≫

次 »