月別記事 08年04月

長寿を喜べない後期高齢者医療制度は撤回しかないと23日、国会 周辺は終日、怒りの声に包まれました。高齢者や労組、市民が議員 会館前で座り込み、集会、議員要請を繰り広げ、国民共同の力で野 党四党が提案している同制度廃止法を成立させようと訴えました。

http://www.youtube.com/watch?v=P-Ja-rAnFaE

>> 後期高齢者医療制度を廃止し中止を求める請願署名 PDF187KB

Read Full Post ≫

4月22日に2度目のテスト直前。今日の文教委員会で全国学力テストの県内の結果について県教委と検証改善委員会の最終報告が発表されました。事細かに分析された数字の報告が続きました。報告を聞きながら、県教委がすすめる「学力テスト体制」に寒気がしました。今日は3点聞きました。
①数字が一人歩きする危険。②教育委員会の役割は、教育条件整備だが、この分析が何もないのはおかしい。③教育産業に丸投げ。
③について、学校長宛に届けられた、図書教材供給事業者からのお願いの文書を示して質問しました。「大手通販の教材会社(注・ベネッセ・コーポレーションのこと)が販売店を経由しないで小学校用ドリル教材の供給を、学校へ直接安価にて始めたことに・・・生活基盤を奪われかねないことか生じてくると危機感を募らせている」と、小学校の学力テストの採点などを担当したベネッセが、新たに小学校を対象とした教材を売り込んでいることに対するものです。

Read Full Post ≫

議会ごとに発行してきた県議会報告が20号となりました。
県議になってパソコンで自分で作って印刷以外は手作りでとがんばってきました。8号目から名前を「てるてるニュース」として、各地の議会報告会や、手配り、郵送・・・と皆さんに届けています。

Read Full Post ≫

http://www.youtube.com/watch?v=oOFibYnbTo4

「憲法二五条の生存権の侵害だ」―。日本共産党の小池晃議員は7 日の参院予算委員会で、年金支給額は減額しているのに、保険料だ けは強制的に年金から天引きする後期高齢者医療制度の問題点を告 発し、天引き中止と同制度の廃止を強く迫りました。

Read Full Post ≫

 倉敷農業委員会選挙で、真備選挙区から黒岡勝美さんが立候補し、40人の中、唯一の共産党公認の農業委員、また初めての女性農業委員として当選を果たしました。「輸入に頼らず、自給率を50%以上に」「暴落した生産者米価、生産費に見合う生産者米価に価格保障と所得保障を」など、農作業中の農家に訴えが響きました。当選して、喜びとともに「農業シンポを計画したい」と、さっそく行動開始です。一緒に宣伝カーで訴えていて、竹林は早出しの竹の子の収穫時期、田んぼは、トラクターで掘り起こされ黒々として、畑は薄黄緑色、桜やつつじなど色どられた真備の風景は素敵でした。

Read Full Post ≫

県議会議員の場合、議員報酬や政務調査費以外に、定例議会中に県議会に出席する場合や本会議以外でも開会中に調査などのために県議会に行く場合、また月に何度かある委員会に出席する場合などに、出県旅費として距離に応じて一万円前後の費用が支給されています。これはどう考えても不要です。私たち共産党県議団は、廃止を求めつづけてきましたが、昨年度分を法務局に供託しました。

Read Full Post ≫

新年度二日目の昨日、今月4月22日実施が予定されている全国一斉学力テストの中止を求め、県教育委員会に申し入れしました。教育委員会は、現場の教師・子ども達の声に向き合っているのでしょうか。今文部科学省と県教委が進めようとしているのは、点数向上を競争する「学力テスト体制」です。受験産業に丸投げし、企業間競争を学校現場に持ち込むものです。
「本当の学力」とは何か、が真剣に問われていると思います。

Read Full Post ≫