月別記事 09年04月

最近、「収入が半減して生活できない。」という声や深刻な相談が増えました。 先日も、下請けで働いている方から「三菱の社員の人はまだいいが、私たちはもっと深刻です。」といっておられました。
30代の女性の場合は「パートで働いていたが、アルバイトにされ3月の手取りは6万7千円でした。家賃4万、ここから国保料、国民年金を払えといわれても払えません」といい、24時間営業の深夜勤を週2日というのダブルワークをはじめまたといいます。体も弱いし心配です。
緊急対策とともに、人間らしく働けるルールの確立が必要です。
さて、昨年10月に派遣切りされた方の「雇用促進住宅入居6か月期限」を迎えます。また3月末に派遣切りされた労働者の入居希望が重なることとなり「住む家がない」という深刻な事態が予想されています。
昨日、県議団として県当局に申し入れました。
○「6か月条件の緩和」を求めること。
○国の各省庁が保有する空き住宅を提供するよう求めること。
○県としても県営住宅に限らず県の保有する住宅の提供を行うこと。
○一時宿泊所について、国の対策も最大限活かし「民間住宅の借り上げ」も含め「使いやすい一時宿泊所」を設置すること。
倉敷市新田で毎夕6時から8時、くらしと雇用の相談会を開いています。予約は必要ありません。

Read Full Post ≫

 
今朝の高梁川は、風もなく水面に青空が映えていました。
以前から川鵜被害のことはお聞きしていましたが、今日は船で案内していただきました。間近で見た川鵜は、思っていたより大きく、何羽も群れていました。

Read Full Post ≫

http://www.youtube.com/watch?v=Q-s1w1y5kSA

Read Full Post ≫

http://www.youtube.com/watch?v=JM83-rGOC3I

国内13工場の閉鎖を決めた電機大手のパナソニック・グループが、正社員に遠隔地への 配転を迫り、事実上の解雇に追い込もうとしている―日本共産党の仁比聡平議員は、20 日の参院決算委員会でこの実態を示し、政府に対応を求めました。
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik09/2009-04-21/2009042101_01_1.html

Read Full Post ≫

http://www.youtube.com/watch?v=0Q7erGs5bCA

日本共産党の志位和夫委員長は14日、全国各地で派遣労働者が派 遣先企業への直接雇用・正社員化を求めて労働局に「申告」してい る問題で舛添要一厚生労働相と会談し、速やかな是正指導を行うよ う政府に申し入れました。小池晃政策委員長が同席しました。

Read Full Post ≫

今日、お母さんたちの申し入れにご一緒しました。
これまでは、必要があれば人数にかかわらず設置が認められてきましたが、2人では特別支援学級の設置を県教委が認めないために、いま子どもたちが苦しんでいます。教育委員会と知事には、学級ができなかったために、他の中学校に入学せざるをえなかった子どもの辛さ、小学校に入学して、教室に入ることができない自閉症の子どもの心の痛さを受け止めてほしい。学校は子どものかけがえのない教育の場のはずです。
一体なんのための財政構造改革でしょうか。

Read Full Post ≫

後期高齢者医療制度が実施されて、一年がたちました。やっぱり廃止しかないですね。
4月15日後期高齢者医療広域連合と県への申し入れを行いました。
 いま、国保の保険証を取り上げ、資格証明書の発行により命にかかわる事態が多発し、社会問題化しています。後期高齢者医療制度でも、保険料滞納の場合は保険証の取り上げをすることが明記されました。これは命にかかわる問題です。高齢者は、収入だけで測れない家庭や健康状態などがあり、より考慮されなければならないと思います。
2年ごとの保険料の見直しが行われますが、保険料の軽減を求めました。

Read Full Post ≫

次 »