月別記事 09年07月

「駅前の歩道のレンガが壊れています。天領祭りで観光客でにぎわうので、つまずかれたらあぶないので」という住民の方から連絡がありました。行ってみると何箇所かでレンガが外れて穴になっています。急なことでしたが、県民局にお伝えしました。さっそく「応急修理をしました。後日レンガを入れます。」と連絡がありました。素早い対応ありがとうございます。

Read Full Post ≫

解散の翌日の今日は、平和行進。
アメリカのオバマ大統領のプラハでの演説で、核兵器廃絶の世界流れが大きくなる中での平和行進です。一方で、日米核持ち込みの秘密文書の存在が明らかとなりました。総選挙は「非核三原則」を守る力を大きくしたいと、力がはいります。
倉敷市役所で出発集会をし、水島までの午前中の総指揮でした。 
なんと、「皆既日食の観察」もコースの予定に入っているのです。お天気の方は、昨日の豪雨や止みましたが、曇っていてダメかしらと諦めかけていたら、丁度、皆既日食の11時ころ雲間に太陽が見えました。休憩場所の水島寿町公園には、「岡山☆星を愛する会」の大野さんたちが、日食メガネや望遠鏡などを備え付けて、待っていました。
写真は、望遠鏡に写った太陽です。うっすらとですが写っているのが分かるでしょうか。

Read Full Post ≫

いよいよ国会が解散しました。
さっそくJR倉敷駅前で街頭宣伝しました。
自公政権にキッパリとNOの審判を示し、財界・大企業優遇の国民いじめの政治を変えて、国民のくらしと権利を守る「ルールある経済社会」の実現を、と訴えました。
今朝くだもの農家のご夫婦に、「やっと解散ですね」というと、「そうじゃ。もう変えないかん」と言われるので、「民主党に期待しているのですか」と聞くと、「民主党も代表が『故人』献金だとかようわからん。農業は何年も先を見ないとできんもんだが、今の政治は全く先が見えん。このままでは農業もつぶれてしまう。あんたらががんばってくれないかん」と政治談議に盛り上がりました。

Read Full Post ≫

6月16日の一般質問で、公・市立の高校奨学金の改善を求めましたが、早速15日の議会委員会で実施がきまりました。
県の奨学金と公益法人や民間団体など他の奨学金との併給を約23道府県で認めており、岡山県は認めていませんでした。家庭が経済困難な場合、併給を認めることをもとめたものです。
それにしても、生活相談の中で、両親の病気や失業で学費で苦労している方のお話を聞くたび、弱い者いじめの政治に怒りがこみあげます。医療と学費の無償化がどうしても必要だと強く思います。経済大国日本で、すでにできていて当たり前のことです。

Read Full Post ≫

倉敷市新田に、職業訓練を行う県立の南部高等技術専門校があります。溶接や塗装、左官などの訓練の様子を見せてもらいました。入学金、授業料は無料で、寄宿舎もあります。また、短期の委託訓練もありますが、就職難の中、希望者も増えているようで、もっと充実させてほしいと思います。

Read Full Post ≫

県は、「新おかやま夢づくりぷらん」の改訂素案で、電気自動車の導入台数を300台を盛り込みました。生活環境・保健福祉委員会の視察で、三菱自動車水島製作所で電気自動車アイ・ミーブに試乗しました。初めての運転で、おっかなびっくりでしたが、操作は簡単で、加速も良すぎるほどです。そして音も振動もないのが不思議な感じでした。
「もっと不思議」なことは、事業説明の中で、「雇用と地域経済にとっての役割」「派遣法の改正が必要ではないか」とたずねましたが、「ご意見として承ります」という答えだけでした。他の議員はこのことには全く触れません。
電気自動車の開発は素晴らしいことですが、この事業所だけで1400人もの非正規切りを行った企業であり、半年経って、仕事も見つからないまま雇用保険が切れる労働者や、下請けも仕事が激減して見通しもたたず苦しんでいます。
運転しながら、加速の軽さとうらはらに、企業の社会的責任の重さを感じました。

Read Full Post ≫

先週は、議会委員会で関東方面の視察でした。
写真は、神奈川県にある国民生活センターです。実験設備があり、今問題になっているさまざまな商品のテストが行われている様子を見学しました。
いよいよ消費者庁の設置がきまり、消費者行政も新たなステージとなります。ところがこんな大事な時に岡山県は人員削減を進めています。
埼玉県環境整備センターにあるガス化溶融炉施設は、倉敷市と同じJFE製でした。倉敷と同じように苦戦しているようです。PFI事業として実施され、用地は県有地の賃貸契約ですが、県や、市は出資も、保証もしない独立採算型です。倉敷の場合は、県と市が出資するとともに、廃棄物の供給保証をするなど大きな差があります。改めて倉敷市のガス化溶融炉を考えるうえで参考になりました。

Read Full Post ≫

次 »