月別記事 12年05月

新婦人の皆さんと、「鉄道高架ウォッチング」にいきました。岡田元県議と田儀公夫市議のお話を聞いて、J現地調査しました。すみよりさん善志さんも一緒でした。この事業は、R山陽本線、水島臨海鉄道を大島から四十瀬の武道館の近くまで、伯備線は、酒津までの区間を高架にするものです。周辺整備も含めれば総額1000億円という巨額の事業です。聞けば聞くほど、見れば見るほど「こんな事業は中止しかない」と思います。

改めて駅周辺を考えると、駅北は税金のブラックホールではないでしょうか。
「闇夜に千両箱を拾ったようなもの」―岡山市民がノーといったチボリを倉敷に誘致したときの故渡辺市長の有名な言葉です。千両箱は中身はなんだったのかが問題です。
思い出すだけでも、アリオにつながる駅北のぺデストリアンデッキ(いわゆるチボリデッキ)は52億円。チボリには、県・市の税金が数百億円、駅北の県営駐車場は26億円かけて県が建設しましたが、5億円余で民間に売却されました。チボリと同時に拡幅新設された県道にも数十億円・・・。
さらに倉敷市がアウトレットにつくったみらい公園は15億円といいます。市長が強引に進めるのが鉄道高架事業。「1000億円をゆうに超える」と当時の市の幹部もいったといいます。鉄道高架事業の前提は区画整理事業です。現在第二土地区画整理事業は、鉄道高架のために倉敷市が押し付けてきた道理のないもので、20年たっても住民の反対の声は収まりません。さらに第3・第4・第5と区画整理事業が計画されているのです。
お聞きしても、市民の多くは、事業の中身を知らされていません。こんな事業を伊東市長は再選されたことをもって、「鉄道高架」を住民が望んでいるかのように言い、4年の任期中に着工とまで言いました。
「倉敷市に鉄道高架は似合わない」という方もありました。税金の使い方への疑問だけでなく、「駅ビルはどうなる?」「何年かかる?目の黒いうちにできるかな?」「騒音被害は?」「日照権は?」・・・いろんな疑問や声が寄せられます。

Read Full Post ≫

金環日食の写真を大野さんからいただきました。最高の写真、ありがとうございました。

我が家は、観察用のメガネはなかったので、木漏れ日で観察したり、ピンホールで・・・・と夫や娘たちと大騒ぎでした。これもまた楽し。

Read Full Post ≫

全会派が参加できる復興特別委員会で審議を 穀田国対委員長、笠井政策委員長代理が会見
原子力規制機関の設置法案 審議は全会派参加で 8党要請(赤旗17日付)

http://www.youtube.com/watch?v=vV7L3EvQ62A

Read Full Post ≫

消費税増税と環太平洋連携協定(TPP)参加に反対し、震災復興と原発ゼロ、賃上げと安定した雇用の実現を求めて5月1日、全国各地で第83回メーデーが開催されました。­日本共産党の石村智子衆院比例中国ブロック予定候補は岡山県中央メーデーに参加し、連帯あいさつしました。

http://www.youtube.com/watch?v=KSlN7MM6mvU

Read Full Post ≫