月別記事 12年11月

20日付「しんぶん赤旗」の記事”政党助成金5555億円 「身を切る」と言いながら 各党山分け 共産党は拒否 総額350億円超”を紹介します。
 「(消費税)増税を求める以上、議員も身を切る必要がある」。解散宣言の場となった国会の党首討論(14日)で野田佳彦首相は衆院の比例定数削減を持ち出し、選挙後にも自民、公明両党とともに強行しようとしています。“身を切る”というのなら、政党が山分けし続けている政党助成金(年320億円)こそ撤廃すべきです。
政党助成金の原資は、赤ちゃんからお年寄りまで国民1人あたり250円の税金。支持政党にかかわりなく国民の税金を山分けするなど、憲法が保障する思想・信条の自由に反する制度です。政党本来の財政は、国民との結びつきを通じて自主的につくるべきものです。
日本共産党はこうした立場から、1995年の同制度発足から17年間、一貫して受け取りを拒否し、撤廃を主張。その17年間に拒否した総額は実に350億円以上にのぼります。「草の根で国民としっかり結びついて政党助成金にも企業献金にも頼らずに、自前で立派に財政を支えている政党が日本共産党」(志位和夫委員長)です。
一方、自民、民主、公明などは一貫して受け取り続け、その山分け総額(95年~2012年10月)は5555億円。現在の受け取り政党は11党ですが、離合集散した政党を含めると28党が政党助成金を懐に入れてきました。「日本維新の会」など新党も政党助成金の受け取りを表明しています。

Read Full Post ≫

26日、日本共産党は”60年続いた「自民党型政治」のゆがみを断ち切り、「国民が主人公」の新しい日本”として日本共産党の改革ビジョンを発表しました。冒頭部分を紹介します。
60年続いた「自民党型政治」のゆがみを断ち切り、「国民が主人公」の新しい日本を――「提案し、行動する。日本共産党」の躍進を訴えます――(総選挙政策 日本共産党の改革ビジョン) 2012年11月26日  日本共産党
総選挙にあたって、国民のみなさんに訴えます
「民主党にはだまされた。でも自民党には戻りたくない。どうしたらいいのか」……多くの国民のみなさんの思いではないでしょうか。
いまや民主党は自民党とウリ二つの政党となりました。たくさん新党が登場し、政策そっちのけで選挙目当ての離合集散と「政党の渡り歩き」が行われ、戸惑っている方もおられることでしょう。
 今度の総選挙で、何が問われるのでしょうか。政党を選ぶ基準はどこにあるのでしょうか。日本共産党は、日本の進路を選択する大切な総選挙にあたって、真の対決軸がどこにあるのかを、国民のみなさんに訴えます。

民主党政権は、どうして無残な失敗をとげたのでしょうか
60年続いた「自民党型政治」そのものが、行き詰まり、耐用年数がつきています
「自民党型政治」か、日本共産党か――ここにこそ真の対決軸があります
「提案し、行動する。」――日本共産党の躍進で「国民が主人公」の新しい日本を

…(略)… >> 記事掲載WEBサイトの頁へ

Read Full Post ≫

対決軸は自民型 VS.共産
市田書記局長の会見

http://www.youtube.com/watch?v=-Qv6gbtN7w0

Read Full Post ≫